【3月23日 Xinhua News】中国電子商取引(EC)大手の拼多多(Pinduoduo)はこのほど、2020年第4四半期(10~12月)と同年通期の決算を発表した。売上高は第4四半期が前年同期比約2・5倍の265億4770万元(1元=約17円)、通期は前年比97%増の594億9190万元で、市場予想を大きく上回った。また、黄崢(Huang Zheng)董事長は同日、2021年度の株主向け報告書で、自身が董事長を辞任し、共同創業者の陳磊(Chen Lei)最高経営責任者(CEO)が後任にあたると発表した。

 拼多多のアクティブユーザー数は20年末時点で7億8840万人。第4四半期の新規増加数は5710万人で、年間では2億人を超えた。ユーザー数の大幅な増加に伴い、アクティブユーザーの年平均消費額も2115・2元となり、前年に比べ23%増加した。

 20年末時点で同社が保有する現金や現金同等物、短期投資は870億元で、19年末の411億元を上回った。(c)Xinhua News/AFPBB News