【4月1日 AFP】2022年サッカーW杯カタール大会(2022 World Cup)欧州予選は31日、各地で第3節の試合が行われ、グループCのイタリアは2-0でリトアニアに勝利した。

 この白星でロベルト・マンチーニ(Roberto Mancini)監督は無敗記録を25戦に伸ばしており、同代表を2006年のW杯ドイツ大会(2006 World Cup)優勝に導いたマルチェロ・リッピ(Marcello Lippi)元監督の持つ記録に並んだ。

 イタリア代表の最長無敗記録は、ビットリオ・ポッツォ(Vittorio Pozzo)氏が持つ30戦となっている。

 後半開始直後にステファノ・センシ(Stefano Sensi)のゴールで先制し、終了間際にチロ・インモビーレ(Ciro Immobile)がPKを決めたイタリアは、今予選3連勝という完璧なスタートを切っている。

 ロシア大会(2018 World Cup)の出場を逃したイタリアだったが、今予選では北アイルランドとブルガリアにそれぞれ2-0で勝利していた。(c)AFP