【9月22日 Xinhua News】中国雲南省(Yunnan)シーサンパンナ・ダイ族自治州のシーサンパンナ国家級自然保護区で暮らしているゾウ3頭がこのほど、「食べ歩き」をしながら移動し、同自治州の磨憨(Mohan)出入境検査ステーション岔河(Chahe)出張所の警察官舎にやって来た。

 3頭は畑に入り込んで野菜を頬張り、バスケットコートを歩き回ったり、ヤシの木を押し倒したりするなどわが物顔に振る舞い、警察官は速やかに通行人を避難させた。約2時間後、ゾウは悠々と保護区に帰って行った。(c)Xinhua News/AFPBB News