ドル円は反転、欧州通貨安ドル高の相場展開の影響も/ドル・円東京市場概況

フィスコ為替ニュース

ドル円は反転、欧州通貨安ドル高の相場展開の影響も/ドル・円東京市場概況

2021/07/20

[ドル・円東京市場概況]
*17:02JST ドル円は反転、欧州通貨安ドル高の相場展開の影響も
・20日の東京市場でドル・円は反転。株安を警戒して109円57銭から109円37銭まで下
げたが、欧州通貨安米ドル高の相場展開を意識して円買いは縮小し、夕方にかけて109
円71銭まで買われる展開となった。
・ユーロ・ドルは弱含み、1.1803ドルから1.1772ドルまで下落。ユーロ圏の金利先高
観は後退し、ユーロ売りが優勢となった。
・ユーロ・円はやや上げ渋り、129円31銭まで買われたが、ユーロ売り・米ドル買いが
強まり、一時128円96銭まで下落。ただ、夕方にかけて129円20銭台まで戻している。

・17時時点:ドル・円109円60-70銭、ユーロ・円129円10-20銭
・日経平均株価:始値27,351.80円、高値27,564.52円、安値27,330.15円、終値27,38
8.16円(前日比264.58円安)

【要人発言】
・加藤官房長官
「ワクチン接種進展後の対策は専門家の意見を聞き検討する」

・豪準備銀行議事要旨
「賃金と消費者物価指数は緩やかな伸びにとどまると予想される」
「最近の感染拡大は家計の消費の重しとなる」
「2024年より前に利上げ条件は満たされないというのが中心シナリオ」

・麻生財務相
「為替、金利、株などについて答弁しない」

【経済指標】
・日・6月全国消費者物価コア指数:前年比+0.2%(予想:+0.2%)
・日・6月全国消費者物価指数:前年比+0.2%(予想:+0.2%)
《MK》

※上記のニュースは、フィスコ社により提供されております。情報の内容については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではなく、これらの情報によって生じたいかなる損害についても楽天証券およびフィスコ社は一切の責任を負いません。上記のニュースに表示されている事項は、証券投資一般に関する情報の提供を目的としたものであり、勧誘を目的としたものではありません。投資にあたっての最終判断はお客様ご自身でなさるようお願いいたします。

Follow me!

コメント

タイトルとURLをコピーしました